自走式アンケートの作成方法

自走式アンケートとは?

自走式アンケートとは、エルグラムの『テンプレート機能』の中にある『パネルボタン』を使用して、
回答する度に1つずつ進んでいく形式のアンケートのことを、ここでは自走式アンケートと呼びます

<下記動画でも解説しております↓>


自走式アンケートのメリット

自走式アンケートを実装することで、フォロワーの情報、年齢、性別、お住まい、趣味、現在の悩みなどを把握することができ、その情報に基づいた発信も可能になります。

通常のDMでやり取りをするような感覚でアンケートを進めることができるため、アンケートを受けている
という感覚が薄れ、結果として反応率も向上します。

自走式アンケートの注意点

カルーセルで設定できる選択肢は3つまとなります。
したがって、アンケートの質問内容は簡単なものにすることをおすすめします

自走式アンケートの作成方法

エルグラムの自走式アンケートは、テンプレート機能のパネルボタンを使用して作成します。
そもそも、エルグラムのテンプレート機能とは何か?を知りたい方はコチラ

作成の手順

今回は上記のデモを例に作成の手順を解説いたします。

①メインのパネルボタン
②ボタンタップ後のパネルボタン
③アンケート回答のお礼


こちら①〜③のパネルの作成、設定方法について順番に解説していきます。

①メインパネル(自走式アンケート1通目)

以下から①のメインパネルの(自走式アンケート1通目)の作成方法を説明していきます。

フォルダと管理名の作成

(1) メニューより、「テンプレート」を選択
(2)「+」ボタンより、メインフォルダを作成する
(3) メインフォルダ横の「+」ボタンより、サブフォルダを作成する
(4)「新規作成」をクリック
(5) 「管理名」を入力する
(6) 任意のフォルダを選択する
(7) 「+メッセージ追加(0/3)」をクリック

「パネルボタン」作成

「+メッセージ追加(0/3)」をクリックし、下記(1)の「パネルボタン」をクリックするとパネルボタン作成画面が表示されます。
こちらから、パネルボタンの中身を作成していきましょう。

(1) 「パネルボタン」を選択してください
(2)「説明テキスト」を入力してください
(3)「ボタンテキスト」を入力してください

(2)のパネルボタン、(3)のボタンテキストは下記プレビューに反映されます。
実際送信する際もプレビューと同じ形式でユーザーへ送信されます。

2つ目以降のボタンを作成する場合は、以下の(4)の「+ボタン追加(1/3)」からボタン追加を選択し、
上記の手順で、「説明テキスト」「パネルボタン」の入力
行ってください。

パネルボタンに追加できる、ボタンは3つまでなのでご注意ください。

ボタン回答後のパネル設定

タップ時アクションから、設定したボタンタップ時に発動するアクションを設定します。
※ボタンタップ時に流す、パネルボタンの作成ができていない方は②に進んでください。 

(1)「 設定」をクリック
(2)「テンプレート」をクリック
(3)ボタンタップ後に送信したい内容を入力
(4)保存をクリック


(3)でボタンタップ時に流す、パネルボタンを選択してください。
ボタン2、ボタン3も同様の手順で設定します。


こちらの手順で自走式のアンケートが可能になります!

※ボタンタップ時に流す、パネルボタンの作成ができていない方は以下の②に進んでください。

②回答後のパネルボタン

①で、1通目に送信する「パネルボタン」の作成ができたら、新しくテンプレートを開き
回答後(1枚目のパネルボタンタップ後)に送信される「パネルボタン」の作成を行っていきます。

パネルボタンの操作方法は①で説明した方法と同様です。

こちらも選択肢が複数ある場合は、ボタン追加で設定していきましょう。

③アンケート回答のお礼

回答後のパネルボタンの作成が終わったら、「アンケート回答のお礼」のメッセージを設定します。
設定方法以下の通りです。

(1)「 設定」をクリック
(2)「テキスト」をクリック(テンプレートで予め作成されているメッセージがあればそちらをご利用ください)
(3) ボタンタップ後に送信したい内容を入力
(4)保存をクリック


こちらの①~③の流れで、回答後のアクションで用意したパネルボタンを紐づける事で、自走式にアンケートを作成する事が可能です。

※①メインパネルのボタンタップ時アクションが未設定の方はコチラ

ボタンタップ時アクションで、タグやパーソナル情報を組み合わせる事で、ユーザーがどのボタンをタップしたのかを確認することも可能です。